津田越前守助広濤爛刃 – 助広の涛爛刃 ( 歴史 )

Mar 07, 2012 · 江戸時代の代表的な刀工、津田越前守助広は、大きな波が打ち寄せるようすを表現したと言われる涛爛刃を得意としています。その様子は葛飾北斎の絵を見るようです。 また、刃文の上には波の飛沫に見立てた丸い飛焼きもみられ、絵画的な模様となっています。

津田越前守助広は、寛永14年、摂津国打出村に生まれた。初代:そぼろ助広の門に学び、明暦元年、師の歿後二代目を継いでいる。明暦3年、越前守を受領し、寛文7年には大阪城代:青山因幡守宗俊に召し抱えられ、天和2年、46歳で歿している。

古来より、「天帝助広」と号のある津田越前守助広の名物の一振である。 助広の作風は彼の創始した濤欄刃がよく知られており愛刀家の垂涎の的となっているが、一方で、助広は「直刃の名人」としても知られており、浅く大きく五つにのたれた助広

津田越前守助広(つだえちぜんのかみすけひろ) 江戸時代延宝頃の摂津国の刀工 新刀最上作にして大業物 概要 初代助広(ソボロ助広)の養子 多作で、一説に生涯に1700点あまりの作品を残したとされ、大坂新刀の代表工であり新刀屈指の巨匠である。

刀 津田越前守助広 焼刃、刃縁ふっくらとした、大互の目、三角形や角張る刃を交えた、華やかな濤爛刃を 焼く 濤爛刃には、刃中に砂流し掛かった物もあるが、この刀は、刃先まで沸付く 助広の特徴を、良く備えた優品で、個銘当りは、比較的容易

享和3年(1803)47歳で甲斐守を受領、晩年定信(楽翁候)より「神妙」の二字を賜ります。文政13年7月5日、71歳で死去。当時流行の大乱れの濤爛刃を焼くのを得意とし津田越前守助広に私淑した刀工として名を挙げました。

享和3年(1803)47歳で甲斐守を受領、晩年定信(楽翁候)より「神妙」の二字を賜ります。文政13年7月5日、71歳で死去。当時流行の大乱れの濤爛刃を焼くのを得意とし津田越前守助広に私淑した刀工として名を挙げました。

享和3年(1803)47歳で甲斐守を受領、晩年定信(楽翁候)より「神妙」の二字を賜ります。文政13年7月5日、71歳で死去。当時流行の大乱れの濤爛刃を焼くのを得意とし津田越前守助広に私淑した刀工として名を挙げました。

May 02, 2019 · “葛飾北斎の浮世絵をイメージした大胆なTシャツを見つけました。(タイガーストライプの迷彩っぽくも見えませんか?青いですが。) 刀の世界でも打ち寄せる波をイメージしたともいわれる江戸時代大阪で活躍した津田越前守助広の濤爛刃(とうらんば)が有名です。 #刀剣 #日本刀 #富山”

Yahoo!ブログからの移行ツールです。 ただいま新しいブログに転送中です。 しばらくお待ちください。

槍は上野守菅原助包(大身槍? 井上真改や津田助広や虎徹にも弟子がいて、当然作り方も解っていて同じ材料を使ってたと思うけど、 他に栗田口忠綱や越前康継の刃文の激しいのや仙台国包の古刀風直刃と並べてあるので

日本刀の刃角はだいたい30°程度と言われています。 一般的なナイフの小刃先の角度が30~45°程度(らしい)ですから 刃角はやや鋭い方かなと思います。 一方、剃刀や和包丁なんかの刃角は15°以下ですから 刃角の面ではこちらが良く切れますね。

20 脇指 津田越前守助廣 延宝八年二月日 54.5 1.21 1 濤乱刃乱れ 生茎 大阪府 522 21 刀 津田越前守助廣 (折り返し銘) 66.4 1.4 4 広直刃 棒樋 磨り上げ茎 北海道 18572

真改と助広って同国、同時代の最上作だけど昔から真改の方が下に見られている気がする。 合作の時も助広が指表に名を切っているから年下の助広主導で製作したなんて書かれていたこともあるし。

槍は上野守菅原助包(大身槍? 井上真改や津田助広や虎徹にも弟子がいて、当然作り方も解っていて同じ材料を使ってたと思うけど、 他に栗田口忠綱や越前康継の刃文の激しいのや仙台国包の古刀風直刃と並べてあるので

知り合いが持ってたんですが、越後守包貞銘の刀ってどんな感じの刀なんでしょう? 光にかざすと刃が白くて地が青く、綺麗な波紋で気になってたんですが、 無傷無欠点で刃長70cm以上だと幾らくらいで買えますかね? 出来れば時代拵えに収めたい。

日本刀の刃角はだいたい30°程度と言われています。 一般的なナイフの小刃先の角度が30~45°程度(らしい)ですから 刃角はやや鋭い方かなと思います。 一方、剃刀や和包丁なんかの刃角は15°以下ですから 刃角の面ではこちらが良く切れますね。

様物(ためしもの)、居合試斬、抜刀演武等、徹底的に日本刀の斬れ味・耐久性に ついて語る特化スレです。 観賞用一般